令和5年度 展覧会のご案内
下村観山 《蜆子》
下村観山 《蜆 子》 1921年頃




4月6日(木)〜7月2日(日) 
  
所蔵日本画展  耳を澄ませば



 絵画には風景や人物、静物などの主題に沿って描かれたものから、具体的な形態を示すことなく色や形の配置や調和で構成される抽象画などがあります。それらの作品は誰が見ても同じように目に映っているとは限らず、絵画作品を通じて感じることは人それぞれに異なる多様なものではないでしょうか。

 海辺の風景からは打ち寄せる波音や周囲の木々のざわめき、また点在する人物の話し声など、今回の展示では所蔵する日本画から何らかの音や気配がイメージされる作品を展示します。
 ゆったりとした気持ちで作品と向き合いながら、絵画からのささやきに耳を傾けたり、日本画の特徴とも
いえる余白から余韻を感じたりしながら鑑賞をお楽しみください。


9月7日(木)〜12月3日(日) 
  
 
茶道具にみる不易流行 −桃山から令和−


  
  井戸茶碗 銘 破小袖


   

   色絵花笠香合
井戸茶碗 銘 破小袖 朝鮮王朝時代
色絵花笠香合 仁清 作 江戸前期
 「不易流行」とは、いつまでも変わらず本質を忘れない中にも、新たに変化したものを採り入れる流行性こそが不易の本質であるという、松尾芭蕉が示した俳諧の理念です。
 千利休によって大成された茶道は、それまでの唐物中心から「侘び」の思想が具現化された茶道具が用いられるようになりました。一方、利休の高弟ながら「織部好み」の意匠を流行させた古田織部や、「綺麗さび」の美意識を茶の湯にもたらした小堀遠州をはじめ、その後においても侘びの理念を継承しながら多彩な茶道具が使われ伝わっています。さらに時代を経て令和となった現代においてもさまざまな茶道具が作られています。

 秋の茶道具展では利休が好んだ黒楽茶碗や竹花入など侘びを表すものから、織部好みの沓茶碗や耳付茶入、遠州が指導したといわれる端正で優美な高取水指や志戸呂茶入などのほか、千家流家元ゆかりの品なども展示いたします。また明治以降も陶磁器や漆器、木竹工芸などの伝統工芸を受け継いで発展させた昭和から平成にかけて活躍した工芸家による作品や、現在も日々研鑽中の人気作家による茶道具をご覧いただきます。
 時代とともに流行が反映された茶道具の「不易流行」を感じていただければ幸いです。


令和6年 1月6日(土)〜2月4日(日)
 
 
 
新春万福 −吉祥の日本画と工芸−  
 
橋本関雪 《寿老人》  



古清水扇面平鉢
 橋本関雪 《寿老人》 古清水扇面平鉢 江戸中期 

 年賀状の賀詞に使われる「新春万福(ばんぷく)」は、新年にあたり多くの幸福が訪れるように願うことを意味します。新春展ではご来館された皆さまの万福を祈って、一階展示室では新春にふさわしい七福神や日の出、小松引きや若菜摘みといった行事のほか、めでたさの象徴として知られる富士山や鯛を描いた作品と共に、長寿や富貴、立身出世など幸福を暗喩する画題の作品を展示します。
 二階展示室でも同様に、七福神や鶴などが立体的に形作られた香合や皿、蓋置などの茶道具や人形、松竹梅や宝船などの文様が絵付された茶碗や水指、菓子器などをご覧いただきます。



*参加型ギャラリートークのご案内 

 絵画を見る楽しみは人それぞれです。しかし「絵の楽しみ方って?」「私の見方は正しいの?」などの思いを抱きながら、美術館で絵画作品に向かい合っていることはありませんか。また作品と向き合っても美術館側が提供するパネルや音声の解説を作品に照らし合わせて確認しているだけで、自分だけの感性で鑑賞してみたいと思いませんか。
 当館でのギャラリートークは、学芸員自身が上記のような絵画鑑賞への疑問や不満を解消できないかとの思いから毎年開催しています。まずは予備知識を持たず作品をじっくり見て、好きか嫌いか、なぜそう思うのかを参加された方々に尋ねることからからトークが始まります。他者の意見や感想からは、共感したり異なる感性に驚いたりと新たな解釈に触れる楽しみもあります。最後にトークの総括として、作品の背景や作者について学芸員が説明しますが、参加者が何気なく感じたことが作品の本質に迫ることもあります。気楽におしゃべりを楽しみながらご一緒に作品を鑑賞しませんか。
ギャラリートーク
ギャラリートーク 茶道具 *参加型ギャラリートーク (茶道具展) 

 茶道具は自由な解釈は難しいと思いギャラリートークは実施していませんでしたが、「ぜひ茶道具展でも」というご要望があり2016年から始めました。
 しかし単に説明を聞くだけの受け身ではツマラナイ、ということで参加された方にも発言を促すような問いかけを行い、絵画展のように気楽な雰囲気で会話を通じて作品の見所などを皆様とともに探ってみました。時代を経て伝えらえた茶道具には、茶の湯の歴史や流行によって好みが変化するものや、一貫するもの、また過去の茶人によって愛蔵されたものなど多くのことを語りかけてくれます。
 皆様と共にそれらの声を引き出し耳を傾ける機会になれば幸いです。
*フラワーアレンジメント教室のご案内

〔日 時〕 毎週水曜日  
        午前の部:11時〜12時30分  
        午後の部:1時30分〜3時

〔場 所〕 桑山美術館 別館1階多目的ホール

※入会金は無料です

自由参加制につき都合に合わせてご参加できます
フラワーアレンジメント作品  フラワーアレンジメント作品
受講生作品(2007年3月7日) 受講生作品(2007年3月14日)

トップページ   美術館の案内    交通アクセス   主な所蔵品    展覧会案内   茶室案内

ギャラリー案内    庭園案内 〜燈籠〜   庭園案内 〜季節の花々〜    お知らせ

 
             
ホームページの画像およびテキストの著作権は桑山美術館にあります。無断転用を禁じます。
©2003−2023 Kuwayama Art Museum