※12月3日(月)〜1月4日(金)は展示替え期間につき休館となります


新春展   小品画の魅力 −暮らしを彩る日本画−

2019年 1月5日(土)〜 2月3日(日)

 小品画とは文字通り画面の小さな絵画のことを指し、構想を練り時間をかけて制作した展覧会出品用の大作とは異なり、簡素であっさりとした印象を与えます。しかし簡潔でありながらも、俳句に共通するような風趣に富み、画家の人柄が垣間見えるような親密さが感じられます。

 新春展では、毎年春季に開催する日本画の企画展で出品する機会の少ない小品画にスポットを当ててみました。画像ではご紹介できませんが、継色紙を思わせる青、緑、黄色の鮮やかな背景に梅が一枝直立する福田平八郎の《紅梅》や、独特の味わいを持つ熊谷守一の《柿》など、大作では得られない表現や、小さな画面だからこその愛らしくて親しみやすい作品が他にもあります。思わず展示室から持ち帰って、自宅に飾りたくなるような作品の数々をぜひご覧ください。


 上村松園 《手毬つき》

       
 竹内栖鳳 《家 鴨》    小杉放菴  《桃 源》   土田麦僊 《舞 妓》 


年間パスポート販売のご案内(1300円)
 

 1年間に何度でもご入館いただけるパスポート(入場券)を販売しています。

 さらなる特典として、

・ご同伴者の入館料は100円割引

・提携美術館にてご提示の際、団体料金でのご入館

・年3回ごとの展覧会案内ハガキをご送付  

・パスポート会員限定の当館学芸員による講座へのご参加 

受付で申込用紙に必要事項をご記入の上、当日発行します。
<パスポート会員講座のご案内>

「見て触れて・多彩な菓子器」

 主菓子や干菓子などの菓子を盛る器は、陶磁器や漆器といった素材のほか、形や文様などバラエティーに富んでいます。
 実際に食籠や鉢、干菓子盆、銘々皿などを手に取って鑑賞するとともに、扱い方も体験していただければと思います。

・日時 1月26日(土)・2月2日(土) 14:00〜15:30

・場所 別館2階 立礼席

 会員の方は、ご希望日をお電話にてお申込みください。

 
※パスポートをお持ちではない方もご予約いただけますが、新規お申込みの手続きをお願いいたします。


開館時間  
午前10時〜午後4時

休館日    
月曜日(祝日の場合は開館)・祝日の翌日
                   
入館料    
一般500円(400円) 中・高・大学生300円(200円)
*(  )内は20名以上の団体の割引料金
障がい者手帳をお持ちの方およびご同伴者1名は無料


 トップページ      美術館のご案内     交通アクセス      主な所蔵品    茶室案内

 ギャラリー案内     庭園案内 〜燈籠〜    庭園案内 〜季節の花々〜     お知らせ

直線上に配置
ホームページの画像およびテキストの著作権は桑山美術館にあります。無断転用を禁じます。
©2003−2018 Kuwayama Art Museum