所蔵茶道具展 茶事へのいざない

2021年9月4日(土)−12月5日(日)

 茶会を主催する亭主が多くの客を招く大寄茶会とは異なり、中心となる客(正客)を定め、数名の相客を考え案内を出す茶会を「茶事」といい、特に正午に招き懐石料理を伴う「正午の茶事」は茶事の基本となります。
 亭主の迎え付けを受けて入席し、炉や風炉に炭をつぐ初炭の後、懐石と菓子が供されると客は一旦外へ退出します。その間に亭主は濃茶の準備をし、再び客が入席して濃茶を、さらに炭をつぎ最後に薄茶を点てるという流れで進行します。

 今回の茶道具展では、こうした正午の茶事の進行に沿った内容で、席入り前に用いる円座や煙草盆、手焙(てあぶり)などの露地用具や、炭手前に用いる炭道具一式、さらに向付や鉢など懐石の器に加え、中立ち後に客を再び茶室に案内するために数回打ち鳴らす銅鑼(どら)など、例年はほとんど展示しない道具類も含めてご覧いただきます。
 正午の茶事を経験した方はもとより、大寄茶会にしか参加されたことがない方も茶事の概略が理解できるよう、展示を通じて茶事に招かれたような雰囲気をお楽しみください。
 
  《懐石会記(部分)》 松平不昧 筆 
  江戸時代後期 
      
    

 

 
 朝鮮唐津手焙 江戸時代      御深井焼花入  江戸時代後期   織部向付  平沢九朗 作 江戸時代後期



   

  

  

判使呉器茶碗 銘 曙 朝鮮王朝時代  織部形引盃  枇杷地紋尾垂形燗鍋
 絵志野菊絵盃台
     南蛮大銅鑼

開館時間 
午前10時〜午後4時

休館日   
月曜日
(祝日の場合は開館・翌火曜)祝日の翌日(9月24日(金)11月4日(木)24日(水))

後 援    愛知県教育委員会・名古屋市教育委員会・中日新聞社

入館料   一般500円(400円) 中・高・大学生300円(200円)
*(  )内は20名以上の団体の割引料金
障がい者手帳をお持ちの方およびご同伴者1名は無料

※新型コロナウィルスウィルス感染予防のお願い

<以下に当てはまる方はご来館をお控えください>

1.体調がすぐれない方および37.5度以上の発熱や咳、くしゃみなど風邪の症状が見られる方

2.ご家庭や職場、学校などで新型コロナウィルスの感染者またはその疑いのある人との濃厚接触があった方

<館内でのお願い>

・換気のために一階展示室内の自動ドア、庭への通用口、屋上への通用口を開放します。

・展示室では他の方との間隔をあけてご鑑賞いただき、大声での会話はお控えください。

・あらかじめマスクをご用意いただき、館内ではマスクの着用をお願いします。

・洗面所にて手洗いや、受付付近のエタノール消毒液をご利用ください。

・展示室が10名以上の場合は、2階展示室からご鑑賞いただくなどの誘導をさせていただきます。


年間パスポート販売のご案内(1300円)
 

 1年間に何度でもご入館いただけるパスポート(入場券)を販売しています。 さらなる特典として、

ご同伴者の入館料は100円割引    2.提携美術館にてご提示の際、割引料金でのご入館

年3回ごとの展覧会案内ハガキをご送付  

4.パスポート会員限定の当館学芸員による講座へのご参加 (以下は過去のテーマ)

 第1回 「掛物の鑑賞と扱い」 第2回 「見て触れて・備前の器」 第3回 「見て触れて・多彩な菓子器」

 第4回 「見て触れて・茶入と薄茶器」  第5回 「茶席の掛物」  

※受付で申込用紙に必要事項をご記入の上、当日発行します

 トップページ      美術館のご案内     交通アクセス      主な所蔵品    茶室案内

 ギャラリー案内     庭園案内 〜燈籠〜    庭園案内 〜季節の花々〜     お知らせ

直線上に配置
ホームページの画像およびテキストの著作権は桑山美術館にあります。無断転用を禁じます。
©2003−2021 Kuwayama Art Museum